契約内容の見直しで自動車保険の保険料を節約

契約内容の見直しで自動車保険の保険料を節約

契約内容の見直しで自動車保険の保険料を節約

自動車保険の乗り換え
自動車を運転する際、万が一に備えた任意保険は不可欠です。

 

とはいえ、任意保険の年間保険料の負担は決して小さいものとも言えないのが現実でしょう。

 

しかし現在の契約内容の見直しを行うことで、保険料負担が大幅に軽減されるケースも少なくありません。

 

長年継続加入している自動車保険だと、きちんと契約内容が見直されていない場合があります。

 

更新時期に何となく継続手続きを済ませてしまっていると、無駄な補償が付帯されたまま、必要以上の保険料負担が発生しているかもしれないのです。

 

例えば、自動車保険では年齢条件や運転者限定によって保険料の割引が変わってきます。

 

若い頃に加入した保険のままだと、年齢条件が現在の利用に適していないかもしれません。

 

年齢条件を上げることによって保険料の割引が大きくなるので、一度確認してみましょう。

 

また、運転者を本人に限定することでも保険料は下がります。

 

現在の契約内容が特に運転者を限定していない状態なら、普段の利用に合わせて運転者の限定も行うと良いでしょう。

 

保険料に占める車両保険の割合

自動車保険の乗り換え
更に、保険料に非常に大きな影響を与えるのが車両保険の有無です。

 

万が一のことを考えると、やはり車両保険は付けておきたいと考えるドライバーは多いでしょう。

 

しかし車両保険を備えると保険料は大きくなってしまいます。

 

 

車両保険にはいくつかの種類があります。

 

保険会社によって扱われる種類や名称には違いがありますが、一般・車体車A・エコノミーと呼ばれる3種類の車両保険が存在しているのです。

 

 

この中で最も補償が充実しているのは一般車両保険です。

 

これは衝突事故だけでなく自損事故や当て逃げもカバーしてくれるオールラウンドな車両保険となっています。

 

しかしその分、やはり保険料は高くなります。

 

 

反対に、エコノミーは最も保険料負担が小さく、補償内容もコンパクトな車両保険です。

 

エコノミーの場合は相手が明確な衝突事故の場合にのみ補償される内容になっており、その他の自動車の破損はカバーされません。

 

 

 

万が一に対して充分に備えるなら、一般車両保険を付けておいた方が安心です。

 

しかし、長年乗り続けて大分年季が入っている車両の場合や、万が一事故を起こした場合でも貯蓄で修理費用を賄える経済力がある方なら、それほど大きな補償は必要ないと言えます。

 

自動車保険は一年契約なら毎年契約内容の見直しが出来るので、新車の時期にだけ一般車両保険を付帯しておき、年数が経過するごとに補償をコンパクトにしていくのも一つの方法です。

 

まずは現在の車両の状態や自身の貯蓄状況等を鑑みて、自分に合った車両保険に変えた内容で保険料の見積もりを出して貰ってみてください。

 

その際、出来れば現在加入中の自動車保険だけでなく、他社からの見積もりも取って保険料の比較をしてみると良いでしょう。