ダイレクト自動車保険では割引ばかりに注目しない

ダイレクト自動車保険では割引ばかりに注目しない

ダイレクト自動車保険では割引ばかりに注目しない

自動車保険の乗り換え
日本で自動車保険というと、2つあります。

 

1つは国が管理して必ず加入しなければならない自賠責保険で、もう1つは民間の損害保険会社が管理していて運転者が自分の好みで加入する、しないを選べる任意保険です。

 

一般的にはこの任意保険が自動車保険と呼ばれます。

 

任意保険は任意なので入らなくても罰則はないのですが、車の運転をするのであれば加入していた方がいいと断言出来ます。

 

それは国が管理する自賠責保険では、他人に対して与えた怪我や死亡の保障しかないからで、その事故時にガードレールを壊していたり相手の車や自分の車が大破していたり、自分も重症をおっていたとしても、それに対する経済的なカバーがないからです。

 

自賠責保険は最低限の救済を目的としていますから、対人賠償のみなのです。

 

しかも補償には限度額があり、相手の死亡で支払われる限度額は3000万円、重度の後遺症で4000万円、怪我で120万円です。

 

つまり自賠責保険しか加入しておらず他人を巻き込む事故を起こした場合、賠償金額が3億を超える過去事例で見てみると全く足りず、残りの金額は自分で支払わなくてはならないのです。

 

普通は自分で支払うことなど出来ず大変なことになります。

 

自賠責保険で足りない補償は任意保険で補う

自動車保険の乗り換え
任意保険では、相手の車や物への補償、自分の怪我や車・物への補償、示談交渉やロードサービスなども契約内容に入っていてカバーすることが出来るのです。

 

では民間の損害保険会社で自動車保険に加入することにします。

 

その際に普段はさほど車に乗らないし、あくまでもお守りの感覚で任意保険を持とうと思っている人であれば特に、出来るだけ保険料は安く抑えたいと思うでしょう。

 

最近では対面で契約をする必要もなく、店舗を持たないので人件費を削ることが出来て保険料を安くすることが出来るネット通販の自動車保険も人気です。

 

運転者が直接ダイレクトに損害保険会社と契約することが出来るので、ダイレクト自動車保険と呼ばれています。

 

このダイレクト自動車保険では多くの会社がインターネット割引を実施していますが、それで安いと思って深く考えず契約するのはやめましょう。

 

色々なネットでの自動車保険を比較してみると、保険料の規模や大小を問わず10000万円の値引きを設定している会社もあり、そこがお得に思えてしまうのですが、注目すべきなのは割引額ではなくて実際の保険料です。

 

実際の買い物でもあるように、元から20000円の物を「30000円から割引して20000円です」と言われた方がお得感はあります。

 

不動産でもよく使われる手ですが、割引に引かれていると実際の補償内容をあまり考えずに引っかかってしまうことになりますから、自動車保険では割引、値引きはさほど大切ではないと理解しておくことが大切です。

 

万が一の時にしっかりと自分を守り、助けてくれるのか、そこに注目して契約をするようにしましょう。